キッズスター★イングリッシュは幼児、小学生、中学生の子ども専用オンライン英会話、スカイプ英会話、ネット英会話スクールを開講中!無料体験レッスンも実施中!

  • キッズスター☆イングリッシュとはキッズスター☆イングリッシュとは
  • 講師紹介/授業予約講師紹介/授業予約
  • ご料金/お支払い方法ご料金/お支払い方法
  • 英語教材について英語教材について
  • 初めてご利用の方レッスンの流れ
  • Skypeの使い方Skypeの使い方
  • コラムコラム
  • Contact

コラム

2020.09.17

英検4級に出てくる熟語ついて

皆さんこんにちは。キッズスターイングリッシュの渡井です。

今回は「英検4級に出てくる熟語ついて」ということで英語での色々な色々な会話表現について学んでいきたいと思います。前回に引き続き、英検4級には会話形式の問題がたくさん出るため、受験予定の方はやり取りのパターンをしっかり身につけておく必要があります。

単語が2つ以上くっついて1つの意味になるものを熟語(じゅくご)と言います。
同じ単語を使っていても、全く違う意味のものになるので、注意して覚える必要があります。


【英検4級熟語】

look at〜
〜を見る

look for〜
〜を探す

take a bath
お風呂に入る

take a picture
写真を撮る

stay in
家にいる

stay with
同居する

get on
電車に乗る

get up
起床する

for a moment
ちょっとの間

for a long time
長い間

続きを読む

英検4級に出てくる熟語ついて

続きを読む

2020.09.09

色々な会話表現について〜あいさつ・感謝・電話〜

皆さんこんにちは。キッズスターイングリッシュの渡井です。

今回は「色々な会話表現について」ということで英語での色々な色々な会話表現について学んでいきたいと思います。前回に引き続き、英検4級には会話形式の問題がたくさん出るため、受験予定の方はやり取りのパターンをしっかり身につけておく必要があります。

【あいさつ・あいづち】

How are you Jane?
元気かい、ジェーン?

Fine.Thanks.
ええ。ありがとう。

Good bye.
さようなら

See you tomorrow.
また明日会いましょう。

Excuse me, where is the station?
すみませんが、駅はどこですか。

Over there.
あちらです。



続きを読む

色々な会話表現について〜あいさつ・感謝・電話〜

続きを読む

2020.09.02

色々な会話表現について〜さそう・たのみ〜

皆さんこんにちは。キッズスターイングリッシュの渡井です。

今回は「色々な会話表現について」ということで英語での誘い方、頼み方について学んでいきたいと思います。英検4級には会話形式の問題がたくさん出るため、受験予定の方はやり取りのパターンをしっかり身につけておく必要があります。

How about going to the library?
図書館に行くのはどうかな?

All right.
いいよ

Do you want to come to the party.
パーティに来ない?

Of course!
もちろん

Would you like something to drink?
何か飲み物はいかがですか?

Yes,please.
はい、ください。

Let's buy it for Dad.
お父さんのためにそれを買おうよ。

Good idea!
良い考えだね!

Will you turn down the music?
音楽の音量を下げてくれるかしら?

OK,Mom.
いいよ、お母さん。

Can[could] you read it for me?
それを僕に読んでくれる[くれますか]?

Sure.
いいよ。

Can I use your eraser?
あなたの消しゴムを使っていい?

Yes,Here you are.
はい。どうぞ。

続きを読む

色々な会話表現について〜さそう・たのみ〜

続きを読む

2020.08.26

色々なあいさつについて

皆さんこんにちは。キッズスターイングリッシュの渡井です。

今回は「色々なあいさつについて」ということで英語での色々なあいさつについて学んでいきたいと思います。

Nice to meet you.
はじめまして

Excuse me.
すみません

Good morning.
おはようございます

Hello.
こんにちは

Hi.
やあ

Good night.
おやすみなさい

Thank you.
ありがとう

You're welcome.
どういたしまして

I'm sorry.
ごめんなさい

Here you are.
はい、どうぞ

That's a good idea.
それは良い考えだ

Sure!
もちろん!

Have a good time.
楽しんできてね

See you tomorrow.
また明日


以上が教科書的な基本のあいさつです。

続きを読む

色々なあいさつについて

続きを読む

2020.08.05

天気の言い方について

(このコラムは2分で読めます)



皆さんこんにちは。キッズスターイングリッシュの渡井です。

今回は「天気の言い方について」ということで英語での天気の言い方について学んでいきたいと思います。

日本語でも、当たり障りのない会話をする時、まず何かを話す時、挨拶の次、2番目にでてくるのは天気の話題ではないでしょうか?

How's the weather today?
今日の天気はどうですか?


生徒に教える際、まずweatherが「天気」であることを伝えます。疑問詞の"How"「どう」を覚えている生徒なら
Howとweatherで天気がどうかと言っていることがわかるはずです。weather newsが天気予報、話題になったアニメ映画「天気の子」の英題が"Weathering With You"であることなども話せば関連記憶としてイメージしやすいかもしれませんね。

sunny 晴れ
cloudy くもり
rainy 雨
windy 風の強い日
snowy 雪

基本はこの5つです。
How's the weather today?と聞かれたときに晴れている際は

It's sunny today.


と答えるようにしましょう。

続きを読む

天気の言い方について

続きを読む

2020.07.13

曜日の言い方について

(このコラムは3分で読めます)



皆さんこんにちは。キッズスターイングリッシュの渡井です。

今回は「曜日の言い方について」ということで英語での曜日の言い方について学んでいきたいと思います。

Sunday   日曜日
Monday   月曜日
Tuesday  火曜日
Wednesday 水曜日
Thursday  木曜日
Friday   金曜日
Saturday  土曜日

歌だと覚えやすい方はこちら

Days Of The Week Song
https://www.youtube.com/watch?v=loINl3Ln6Ck

英語では、子どもたちが口ずさめる曜日の歌があります。
"Sunday, Monday, Tuesday, Wednesday, Thursday, Friday, Saturday, Sunday comes again."
という"The Calendar Song"は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

続きを読む

曜日の言い方について

続きを読む

2020.07.22

月の言い方について

(このコラムは5分で読めます)



皆さんこんにちは。キッズスターイングリッシュの渡井です。

今回は「月の言い方について」ということで英語での月"month"の言い方について学んでいきたいと思います。

どの単語でもそうですがまずは声に出して音読してください。
スラッと出てくるまで練習しましょう。苦手な方は、最低10回は音読してください。
言えるようになったら、頭文字の確認、月の3文字目までの確認(略称)、スペル自体書けるようにの確認、と少しずつレベルアップしていく形となります。


January 1月
February 2月
March 3月
April 4月
May 5月
June 6月
July 7月
August 8月
September 9月
October 10月
November 11月
December 12月


ただ暗記するのは大変なので、こちらでも動画を活用してみましょう。

Learn The Months Of The Year In English - Speak English, Learn English,
https://www.youtube.com/watch?v=rfQasSj_C8o

幼稚園や低学年のお子様向けにはこちら
Months of the Year Song | Song for Kids | The Singing Walrus
https://www.youtube.com/watch?v=Fe9bnYRzFvk

続きを読む

月の言い方について

続きを読む

2020.07.15

数の言い方について

(このコラムは5分で読めます)



皆さんこんにちは。キッズスターイングリッシュの渡井です。

今回は「数の言い方について」ということで英語での数の言い方について学んでいきたいと思います。

0 zero 1 one
2 two 3 three
4 four 5 five
6 six 7 seven
8 eight 9 nine
10 ten


まずは声に出して音読してください。
スラッと出てくるまで練習しましょう。苦手な方は、最低10回は音読してください。
音読することで、数字を言う時にスラッと発言でるようになります。
その時注意すべき点として、歌のリズムで覚えてしまうと、seven,eight,nineの辺りが曖昧になり、覚えているつもりでで覚えられなくなってしまうため、一定のリズムで覚えることを心掛けましょう。本人が完璧!と思えるようになったら10から1まで降りてくる言い方を覚えるよう繰り返し練習です。これはアルファベットを覚える時も同様で、数字もoneからだけでなくtenから、100からどの場所からでも数がわかるまで練習しましょう。
前からも後ろからも言えるようになったら、数字のスペルの頭文字の確認、スペル自体書けるようにの確認、と少しずつレベルアップしていく形となります。

10まで完璧になれば次は11〜1000まで学んでいきましょう。

11 eleven 12 twelve
13 thirteen 14 fourteen
15 fifteen 16 sixteen
17 eightteen 18 eighteen
19 nineteen 20 twenty
30 thirty 40 fourty
50 fifty 60 sixty
70 seventy 80 eighty
90 ninety 100 one hundred
1000 one thousand


eleven,twelve,thirteenそれとfifteenまで覚えれば11〜20までは規則正しい形のため難しくはありません。1〜10までの知識があるとfifteenを"five-teen"にしてしまいがちなのでそこは注意して覚えましょう。親子で地道に覚えるのはまだ無理!という方は下のような数え方の動画を繰り返しみて一緒に発音するのもいいかもしれませんね。

Number song 1-20 for children
https://www.youtube.com/watch?v=D0Ajq682yrA

続きを読む

数の言い方について

続きを読む

2020.07.08

場所を伝えるための表現について

(このコラムは3分で読めます)



皆さんこんにちは。キッズスターイングリッシュの渡井です。

今回は「場所を伝えるための表現について」ということで
場所を表す前置詞でも英検に出やすいもの、重要なものを中心に学んでいきましょう。
場所を表す表現のため、単語で丸暗記というよりは実際の物をイメージして学ぶことが大切です。

場所を伝えるための表現4つの「前置詞」

in 意味:中(なか)

Where are the keys?
意味:カギはどこですか?

They are in the box.
箱の中です。

on 意味:上(うえ)

Where are the flowers?
意味:花はどこですか
They are on the table.
意味:テーブルの上です。

under 意味:下(した)

Where is the cat?
意味:ネコはどこですか

It is under the chair.
意味:イスの下です。

by 意味:そば

Where is the bike?
意味:自転車はどこですか

It is by the tree.
木のそばです。

続きを読む

場所を伝えるための表現について

続きを読む

2020.07.01

繰り返し覚えるべき疑問詞ついて

(このコラムは4分で読めます)



皆さんこんにちは。キッズスターイングリッシュの渡井です。

今回は「繰り返し覚えるべき疑問詞ついて」ということで
英検受験のためだけでなく、英会話を楽しく学ぶために疑問詞について学んでいきましょう。
英語に限らず、会話は「質問」と「答え」の繰り返しで構成されています。
なので会話は疑問文で始まる事が多く、あらゆる疑問文のパターンを覚えておくと会話が弾みます。

特に会話は「How」や「What」から始まる疑問文が使われることがとても多いため、これを筆頭に7つの疑問詞
を繰り返し確認することで覚えていきましょう。

わからないこと聞くための7つの「疑問詞」

What? 意味:何?
What is this? 意味:これはなんですか?
Who? 意味:だれ?
Who is she? 
意味:彼女はだれですか?
When? 意味:いつ?
When is your birthday? 
意味:あなたの誕生日はいつですか?
How? 意味:どう?
How do you come to school? 
意味:あなたはどのようにして学校に来ますか?
Which? 意味:どっち?
Which do you like, baseball or soccer?
意味:野球とサッカー、どちらが好きですか?
Whose? 意味:だれのもの?
Whose bag is this? 
意味:これは誰のかばんですか?
Where? 意味:どこ?
Where do you live? 
意味:あなたはどこに住んでいますか?


「WH
から始まるもので似ているものも多く、発音と意味を合わせて繰り返し覚えるようにしましょう。
英語の勉強の際に必ず確認するのもいいですね。特に「Who」「Whose」は形も意味も読みも似ているため
こちらだけ抜き出して確認をすることで覚えていくと良いでしょう。

疑問詞は中学・高校に上がってもすぐにハッキリと答えられない生徒も多く、早いうちから慣れ親しむことでこれからの英語学習をスムーズにしていけることにも繋がります。

続きを読む

繰り返し覚えるべき疑問詞ついて

続きを読む

ページ上部へ戻る
無料体験レッスンへGO!1回無料!無料体験レッスンへGO!1回無料!