>> 料金が安い!おすすめオンライン家庭教師【TOP10】

【家庭教師トラスト】トラブルってある?口コミ評判・知恵袋を徹底調査!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、家庭教師To-Last(トラスト)についてご紹介します。

家庭教師トラストは、家庭教師の個人契約をサポートする家庭教師の仲介会社です。

家庭教師トラストの公式サイトを活用することによって、コストパフォーマンスの良い個人の家庭教師契約が可能になると評判です。

しかしながら、家庭教師の個人契約は、講師とご家庭でトラブルが発生した場合、自己責任で解決しなければならないといったデメリットがあります。

家庭教師トラストは実際どうなの?トラブルってある?

そこで家庭教師トラストを検討するうえで、保護者の方が気になるポイントをまとめました!

気になるポイント!
  • 家庭教師トラストの口コミ・評判は?
  • 家庭講師トラストでトラブルってある?
  • 家庭教師の個人契約のメリット・デメリットは?

このような疑問点を解決します!

この記事では、家庭教師トラストの口コミ評判、個人契約のトラブル内容やデメリットを中心に取り上げて解説しています。

家庭教師トラストの詳しい内容を知ることができますので、ぜひ参考にしてください。

タップできる目次

家庭教師トラストの基本情報

基本情報
運営会社株式会社 Doope
対象生徒小学生~高校生
料金/授業料選択した講師によって異なります
紹介料7,800円
派遣エリア全国
オンライン授業対応

家庭教師トラストの指導料金・紹介料は?

ここでは、家庭教師トラストの個人契約に必要な料金について説明していきます。

講師の紹介料:7,800円

家庭教師トラストを利用される上で、まず必要な費用が講師の紹介料7,800円です。

紹介料は講師の連絡先1件ごとに必要となり、紹介可能な講師の連絡先をお渡しする時点で発生します。

なお、授業料は講師に直接支払うシステムとなっています。

家庭教師トラスト個人契約の料金目安

個人契約の料金目安

スクロールできます
学生講師/1時間プロ家庭教師/1時間
小学生1,500円~2,000円2,000円~3,000円
中学生1,600円~2,700円2,000円~3,500円
高校生2,000円~3,000円2,500円~3,500円

上記の個人契約の料金はあくまでも目安となります。実際に公式サイトを確認しますと時給5,000円以上の講師も多数登録されています。

家庭教師の1時間あたりの料金相場は、学生講師ですと「難関大学在籍」、プロ講師ですと「指導経験・合格実績」によって高くなる傾向があります。

家庭教師トラストの口コミ・評判は?【体験談】

ここでは家庭教師トラストで個人契約をされた方の口コミ・評判(体験談)を独自アンケートからご紹介します。

評価

高校2年生の保護者(大阪府在住)


講師を紹介してもらうだけだったため、トラストに支払った料金はとても安くてよかったです。

講師の方は、数学を教える約束でしたが、全教科を善意で教えてくれました。娘との相性も良く仲良く話していました。

その結果、数学の成績は学年で下の方から上の方にあがるという飛躍的な伸びを見せました。

他の教科でも先生に褒められて娘も喜んでいました。

出典:独自アンケート

家庭教師トラストでトラブルはあるの?知恵袋を調査!

家庭教師トラストの口コミに関するキーワードを見ますと「トラブル」と関連キーワードに表示されます。

これは何が原因なのでしょうか。

トラブルに関する口コミをYahoo知恵袋で確認したところ、登録講師のネガティブな意見が多いことから、それが関連キーワードに「トラブル」と表示される原因の一つと推定されます。

その主な内容は以下の通りです。

  • 体験授業の依頼がドタキャンされた!
  • 生徒側のご家庭から連絡が入る予定でしたが一切連絡がない!
  • トラストに連絡しても返事がない!

この他にトラストを利用された方からも「メールをしても返事が来なかった!」といった口コミもありました。

家庭教師トラストでは、個人契約後のサポートは行っていませんので、個人間で発生したトラブルはすべて自己責任で解決する必要があります。

家庭教師の個人契約の口コミでは、トラストに限らずこのようなトラブルに関する投稿内容をたまに目にします。

家庭教師の個人契約サイトを通した場合は、最初の段階で講師と生徒側の意思疎通が不十分だったり、運営会社の連絡ミスが生じる可能性がありますので注意してください。

家庭教師トラストの特長は?

生徒と家庭教師の個人契約をマッチングする家庭教師トラストにはどのような特長があるのでしょうか。

ここでは、家庭教師トラストの主な特長をご紹介します。

トラストの特長!

  • 家庭教師トラストの個人契約サポート
  • 登録講師が多い個人契約マッチングサイト

特長①:家庭教師トラストの個人契約サポート

家庭教師トラストは、家庭教師の個人契約をサポートするサービスです。

個人契約のため、契約後の指導回数や指導内容などは、自由に指定することが可能です。

また個人契約の最大の特長は、コストパフォーマンスに優れていて、紹介料を支払えば月々の料金は「授業料+交通費」のみとなります。

毎月の授業料は実際に指導を受けた分の指導料のみとなっていますので、家計への負担も比較的抑えることができると評判です。

特長②:登録講師が多い個人契約マッチングサイト

家庭教師トラストでは、東京都対応の講師19000人以上を中心に多くの家庭教師が登録しています。

大阪府対応の講師は8900人以上、愛知県対応の講師は3300人以上など、登録講師の数が多いのが大きな特長の一つです。

また家庭教師トラストでは、在籍講師のプロフィールを公式サイトから検索できます。

講師の在籍大学や指導実績などを確認しながら、自分にぴったりの講師を選択することが可能です。

家庭教師の個人契約のメリット

家庭教師の個人契約のメリットは以下の通りです。

  • コストパフォーマンスが良い!
  • 自分で家庭教師を選べる!

など、主に2つのメリットが挙げられます。

メリット①:コストパフォーマンスが良い!

家庭教師の個人契約におけるメリットは、料金を抑えられることです。

通常の家庭教師サービス会社では、指導料のうち数割は会社の取り分となっているため、大手の会社であればあるほど指導料が高額になる傾向にあります。

一方、個人間の契約であれば、基本的に授業料以外の支払いは必要ありません。

また講師側も、会社に中抜きされることなく給料を得ることができますので、指導に対するモチベーションの高さに期待が持てます。

メリット②:自分で家庭教師を選べる

家庭教師の個人契約では、講師の選択権はご家庭にあります。

一般的な家庭教師サービス会社に性別や講師の学歴の希望を伝えるスタイルの場合は、実際に希望する先生を紹介されるか分かりません。

一方で個人契約であれば、自分が納得できた先生とのみ契約を結ぶことができます。

指導力や合格実績はもちろんのこと、指導可能な科目数や対応可能な日時など、細かいところまで希望を伝えることができると評判です。

また予算に応じて適切に講師を選択できるところも、口コミで評価が高いポイントです。

家庭教師の個人契約のデメリット

家庭教師の個人契約におけるデメリット・利用上の注意点は以下の通りです。

  • 講師とのトラブルは自己責任で解決
  • 講師に言いにくいことも自分で伝える

などが、挙げられます。以下、それぞれの内容についてご説明します。

デメリット①:講師とのトラブルは自己責任で解決する

家庭教師の個人契約を依頼する場合、もっとも気をつけておきたいポイントが「トラブルは自分で対処する必要がある」という点になります。

実際に個人契約を依頼された方の口コミには

  • 講師との相性が合わない!
  • 子どもの学力と先生の指導レベルがマッチしない!
  • 講師都合で指導時間や曜日の変更が頻繁に起こる!

といった、ネガティブな意見が多く寄せられています。

最悪の場合は、金銭トラブルに発展する可能性もございます。

講師との間で何か問題が生じた場合でも、家庭教師の個人契約では間に入ってトラブルを解消してくれる存在がいません。

個人契約で失敗しなためにも、マッチングサイトが用意している契約書のテンプレートをアレンジして、トラブルには主体的に備えておきましょう!

デメリット②:講師に言いにくいことも自分で伝える

家庭教師の個人契約では講師に直接言いにくいことも自分で伝えなければならないといったデメリットがあります。

  • 家庭教師の指導を終了したい!
  • 指導方法や態度を改めてほしい!

などが、挙げられます。

また、指導期間中に講師から時給アップの要求があり、断りづらく家計の負担が大きくなる場合もあります。

家庭教師サービス会社を利用している場合は、本社に相談することができる内容も、個人契約ですと基本的には自分で解決しなければなりませんので注意が必要です。

【まとめ】家庭教師トラストの個人契約について!

今回は、家庭教師To-Last(トラスト)の口コミ評判・料金・トラブルに関する内容を中心に取り上げて解説するとともに個人契約のメリット、デメリットについても説明しました。

家庭教師トラストに限らず、個人契約サイトを利用しますと比較的リーズナブルな料金で受講できるといったメリットがあります。

しかしながら、一般的な家庭教師サービスと異なり、講師紹介後のトラブルは自己責任で解決しなければならないといったデメリットもあります。

また、家庭教師サービスですと講師の交代は無料で行えますが、個人契約サイトの場合、再度紹介料が発生するところが多いです。

家庭教師の個人契約の仲介サイトには、それぞれの特長やメリット・デメリットがあります。

こんなはずではなかった!」と後悔しないためにも、個人契約サイトの利用を検討されている方は、他社も含めてじっくり比較されることを推奨します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次